事故にあった場合、どれくらい慰謝料は請求できる?
事故交通事故の慰謝料とは、
すなわち精神的な損害のことです。
よく誤解をしている人がいますが、
慰謝料というのは、
入院や治療にかかった実費のことを
言うのではありません。
入院費、治療費、休業損害などは
別で請求できます。

慰謝料は精神的な損害なので、
本人が1億円の精神的な損害を被ったと思えば
1億円を請求することもできます。
しかし、請求できることと、
裁判でそれが認められることとは別物です。
実際には、一定の算定基準というものが存在します。

交通事故の慰謝料の算定基準は、
自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準というものがあります。
自賠責基準がもっとも金額が低くなる基準であり、
入院・通院にかけた日数の2倍もしくは治療にかかった日数の
どちらか少ないほうに、4200円をかけて計算します。

任意保険基準とは、各保険会社独自の基準で算定した金額のことですが、
自賠責基準よりはやや高額になります。

最後の裁判所基準というのは、
弁護士がついて裁判をした場合に認められるであろう基準であり、
最も高額になりますが、弁護士に依頼することが必須となります。

以上が入通院慰謝料の基準の算定方法ですが、
これとは別に、後遺障害慰謝料が請求できる場合があります。
後遺障害が認められさえすれば、後遺障害慰謝料については
あまりモメることはありませんが、紛争になった場合には
弁護士に相談するようにしましょう。

逆に万が一事故を起こし慰謝料を請求された時は、
カードローンなどを利用して支払うという方法もあります。
ちなみに土日など休みの日でも借りることができるそうです。
参考までに→→土日にお金が必要

Copyright (c) 2014 All Rights 慰謝料問題解決します!悲しくて辛い思い和らげます


メニュー
【トップ】慰謝料とは?
離婚の際の慰謝料の相場は?
事故にあった場合、どれくらい慰謝料は請求できる?
婚約破棄された!どれくらい慰謝料は請求できる?
慰謝料請求された時の、うまい対処法
【準備中】