離婚の際の慰謝料の相場は?
さまざまな理由から、離婚という選択をする場合がありますが、
その際に相手側の責任で別れるときには慰謝料を請求できます。

まず、離婚理由で、相手側の不貞やDV,などがありますが、
このDVには暴言や経済的なことも含まれています。

ただ、芸能人などとは違い、一般的な離婚の慰謝料は意外と安く
300万円くらいが相場になります。

しかし、相手側の有責行為でまた資産がある場合には
この相場以上に請求をすることは可能です。

それでもやはり高額です。
生活が苦しければキャッシングなど利用する人もいるかもしれません。
すぐにお金が欲しい場合や、在籍確認なしというところもあり
非常に借りやすくなっているそうです。

また、慰謝料が高くなるケースとしては、
婚姻期間が長いことやDVなどで
相手から受けた苦痛が高い場合です。
そして、養育する子どもが多いほど慰謝料も多く請求ができます。

不貞行為の場合、当然慰謝料が請求できますが
その不倫相手にも同じように慰謝料の請求ができます。

いずれにしても、
高額な金額をもらうためには不貞行為の証明が必要です。
写真や、メールなど証拠となるものを集めておくと有利に働きます。

DVの場合は、暴力を受けたときにまず病院に行き、
診断書をもらっておきます。
その後に警察に相談をして実績を残しておきます。

精神的な場合なら、録音ができるのならいいですが
無理なときには日時や
言葉の内容をメモして記録しておくと役立ちます。

Copyright (c) 2014 All Rights 慰謝料問題解決します!悲しくて辛い思い和らげます


メニュー
【トップ】慰謝料とは?
離婚の際の慰謝料の相場は?
事故にあった場合、どれくらい慰謝料は請求できる?
婚約破棄された!どれくらい慰謝料は請求できる?
慰謝料請求された時の、うまい対処法
【準備中】